ホーム » 引っ越し準備 » 何日前がベスト?フレッツ光の引越し手続き|1ヶ月前には申し込めるようにしておきましょう!

何日前がベスト?フレッツ光の引越し手続き|1ヶ月前には申し込めるようにしておきましょう!

■申し込む前に必要な準備

引越しの手続きをするには、いろいろと準備も必要です。
その準備について見ていきましょう!


まず、引越し先の住所を確定させる必要があります。
場所によってはフレッツ光の提供範囲ではない場合も
ありますので、とにかくここを早く決めてしまう事が重要です。


戸建の場合は住所さえわかればフレッツ光の提供範囲かどうか
を調べるだけでいいのですが、賃貸の場合はもう一つ
確認しなければならない事があります。
引越し先でフレッツ光が導入されているかどうかです。


導入されていればそのまま申し込みが出来るのですが、
問題は導入されていない場合です。


管理会社にフレッツ光を導入したいと思っているが、
工事をしても大丈夫かなどを確認しなければなりません。


それでOKが出ればいいのですが、NGとなった場合は、
既に導入されている回線を選ぶか、おおがかりな工事の必要がない
ADSLやモバイル回線の選択も視野にいれなくてはならないので、
とにかく早く行動を起こす事が大切です。


■実際に手続きするのはいつ頃?

前述した準備を十分に整えた上で手続きの申し込みをするのは、
大体引越しの1ヶ月程度前になります。


フレッツ光ですと、申し込み受け付けは引越しの30日前と
なっているので、きっかり30日前に申し込めば、希望する工事の日
に工事してもらえる可能性が高くなります。


特に引っ越しシーズンである、3月は申し込みが殺到している
可能性が高い為、出来るだけ早く開通作業をしてもらう為にも
申し込み可能期間が来たら素早く申し込みをしましょう!


どうしても引越し先の手配の都合がうまくいかず、
2週間前に引越しの手筈が整ったなどという場合は、
その手筈が整った時点で申し込みをします。


第一希望日には工事をしてもらえないかもしれませんが、
引っ越しシーズンからはずれていれば、2週間前でも
作業予約が取れる場合があります。


1ヶ月前に申し込めなかったからいつ申し込んでも一緒だと
諦めずにまずは相談してみましょう!


■継続か新規かにもよって手続きが異なるので注意!

今まで使っていた回線をそのまま利用するのか、それとも
一度解約して引越し先で新規契約するのかにもよって、
手続きが異なります。


引越し先でも現在使っている回線を引き続き利用する場合は、
回線の停止手続きと移転手続きを同時にする事が可能です。


一度解約して新規で契約する場合は、一度解約手続きをした後、
プロバイダや家電量販店で新規申し込みをする必要があります。


移転手続きの場合は、違約金などが発生しないかわりに、
引越し先での開通工事の際に再度工事費がかかってしまう事が
ありますので、その辺りは手続きの際によく確認して
おきましょう。


新規で契約すれば、多くの所で工事費を含む初期費用を
割引してくれますし、中にはキャッシュバックや、電子機器の
プレゼントをしてくれる所もあります。


若干移転手続きよりも手間はかかりますが、それに見合うくらい
お得だと思いますので、新規契約に対する魅力は高いと言えます。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top