ホーム » 引っ越し準備 » 開通までの時間ってプロバイダに依存するって本当?|どちらかというと回線に依存します

開通までの時間ってプロバイダに依存するって本当?|どちらかというと回線に依存します

■開通までにかかる時間は何で決まる?

引越しなどでインターネット回線を変更する際、気になるのは
開通までにかかる時間ですよね。


この開通までにかかる時間はプロバイダに依存すると
思っている方も多いようですが、実はどちらかというと、
回線の方が依存率は高いです。


例えばフレッツ光の場合、プロバイダはかなりの数がありますが
回線工事を行うのはNTTです。


つまりNTT側に空きがないと待たされますし、空きがあれば
比較的スムーズに回線工事をしてもらえるという事になります。


ただし、この回線工事の申し込みはプロバイダ経由で行う為
その辺りの処理の絡みで若干差が出る場合はあります。


■とにかく早く申し込む

スムーズに開通したいのならば、とにかく早く申し込む必要が
あります。


どのプロバイダから申し込む場合でも「明日工事お願いします」
と言って請け負ってくれる所はまずありません。


概ね1ヶ月程前に申し込めば、希望する日に工事をしてもらえる
事が多いようです。


あまり早すぎても予約を受け付けていない場合もありますので、
大体1ヶ月前くらいになったら一度申し込みや問い合わせをし、
受け付けてもらえるかどうかを確認する方が無難です。


■回線によって開通までにかかる時間も変わる

開通までにかかる時間は、回線によって変わるので、
どうしても希望日に間に合わない場合は、回線の変更自体を
検討するのもいいかもしれません。


例えばフレッツ光で工事が立て込んでいるようならば、
auひかりならどうかを問い合わせてみるといいと思います。


どちらも同じ光回線ですが、回線業者はNTT、KDDIと
全く異なるので、KDDIならば空いている可能性もあります。


そのように上手く立ち回る為に、インターネット回線を選ぶ時には
フレッツ光ならどこ、auひかりならどこ、ケーブルテレビならどこ
などと、各回線でそれぞれ目星をつけておくのもオススメです。


■間に合わない場合にはモバイル回線の利用も検討

「どうしてもこの回線を利用したいが、
希望日に開通出来ないと聞き途方に暮れている」


こんな場合には、一時的にモバイル回線の利用を検討してみるのも
いいでしょう。


「でもモバイル回線にだって契約期間ってものがあるのでは?」
それが心配な方、ご安心ください。


今はモバイル回線を契約しなくても、モバイル回線を1日単位から
レンタルしてくれる業者さんがいるのです!


日額は大体800円前後、10日以上の中・長期で使う場合は
1ヶ月単位で借りて月額7000円前後支払う方法がお勧めです。


実際に借りていた期間だけ後で清算してくれる所もありますので、
自分の都合の良い使い方が出来るレンタル業者に頼みましょう!


これで固定回線が開通するまでの間、インターネット回線を
保持する事が出来るので安心ですね。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top