ホーム » 引っ越し準備 » 何をしたらいい?引越しまでにすることって?|引越しが決まったらしておくべきこと

何をしたらいい?引越しまでにすることって?|引越しが決まったらしておくべきこと

■引越しまでにすること

就職や進学、結婚などで引越しを経験する人は少なくありません。
しかし、引越しには様々な手続きが必要で、
多少なりとも面倒なものです。


引越し先が決まったら、まず転居に関する手続きが必要に
なってきます。


水道・ガス・電気・電話・インターネット回線など、
転居に関する手続きはかなり多くあります。


役所への転居・転入届も必要になってきますし、
郵便物の転送手続きをしておけば、1年間は前の住所宛てに届いた
郵便物を、転居先へ配送してくれます。


水道・ガス・電気などは、賃貸の場合、管理会社を通して行う事も
ありますので、退去の申し出の際に一緒に相談しておくことを
オススメします。


電話やインターネット回線は、NTTとプロバイダは別に
申し出なければならないので、注意が必要です。


NTTだけに申し出てしまうと、利用していないにも関わらず
ずっとプロバイダ料金を取られてしまう事になります。


■どれくらい前にすればいい?

では実際、どれくらい前に連絡しておけばいいのでしょうか?


水道・ガス・電気などは、管理会社に申し出るのと同時期に
しておくのが良いです。


大体1ヶ月くらい前までには連絡をしておけば、スムーズに
停止の手続きを取ってもらう事が出来ます。


役所への転出・転入手続きは、引越しする日がベストですが、
多少前後しても構いません。


郵便物の転送手続きは、引越し前にする方が良いです。
引越し翌日に手続きをしてしまったりすると、1日分の郵便物が
前の住所に届けられてしまう可能性があります。


電話やインターネット回線は、解約だけなら転居の1週間前でも
対応してもらえますが、移転手続きを取る場合には出来るだけ
早く申し出なければなりません。


開通作業には大体2週間~1ヶ月程かかってしまうので、
早くインターネット環境を整えたいのならば、1ヶ月程前に
申し出ておく必要があります。


■うっかり忘れてしまった時の対処法

どうしても忙しくて手続きをするのを忘れてしまった!
なんていう場合もありますよね。


電気・ガス・水道は、うっかり忘れてしまっていても、
停止の手続きは屋外で出来る為、退去後でも何とかなりますが、
利用していない期間の請求も来てしまう可能性があるので
気を付けましょう。


郵便物は、引越しの翌日にすぐ次の人が入る可能性は低い為、
手続きをするまでに届けられてしまった郵便物は、管理会社等に
連絡して取っておいてもらう事は出来ます。


役所への手続きは、税金などの関係がありますが、届け出が
遅くなったからと言ってペナルティがあるわけではないので、
安心してください。


インターネット回線への手続きの場合は、利用出来ない期間を
モバイル回線のレンタルなどで補う事も出来ます。


ただし若干割高にはなってしまうので、出来るだけ忘れないように
したいですね!

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top