ホーム » 引っ越し準備 » どうしよう・・・・・急な引越しが決まった時の手続きは何を優先したらいい?|これだけはやっておきたい手続きをまとめてみました!

どうしよう・・・・・急な引越しが決まった時の手続きは何を優先したらいい?|これだけはやっておきたい手続きをまとめてみました!

■引越しが決まり次第する手続き

引越しは新しい生活へのワクワクもありますが、
急な引越しとなると何から手を付けていいかわからなく
なってしまいますよね。


そこで、引越しの際にこれだけはやっておきたい!という
手続きを簡単にまとめてみようと思います。


まず引越しが決まったら、引越し業者の手配をしましょう。
自分の引越ししたい日取りと、大安などの縁起のいい日が
重なってしまうと、予約が取れなくなってしまう可能性が
あるので1日も早く見積もりを取るべきです。


水道ガス電気などの公共料金の発生するものに関しても
早めに手続きしておいた方がいいです。


特にガスは閉栓に立ち会わなければならない事もある為、
早めに連絡をしておかないと、希望する日時に閉栓を
してもらえない事もあります。


また意外と忘れがちなのが、インターネット回線の移転に伴う
手続きです。


インターネット回線は、旧居で使っている回線をそのまま
新居で使う場合も、新居で新しく契約しなおす場合にも、
開通工事が必要となります。


通常、1週間~1ヶ月程度待たされる事が多いので、
急に「明日引越すので回線の工事をしてください」と言っても
してもらえないのです。


■引越し当日辺りにする手続き

引越しする日が近づいてきたら、郵便局に郵便物の転送手続きを
しに行きましょう。


この郵便物の転送手続きには大体1週間くらいかかってしまう為、
あまり遅くに申し込むと旧居にしばらく郵便物が届いてしまう
可能性があります。


新居の準備が既に整っているのならば、気持ち早めに
転送手続きをしておいた方が安心出来るかもしれませんね。


また引越し当日~数日以内には役所で転出・転入手続きを
しておきましょう。


この手続きが遅れると、後々税金の返金手続きや、追加納付手続き
など面倒な手続きが発生する可能性がありますし、選挙権は
居住している市町村で発生するので、選挙に参加出来なくなる
可能性があります。


■間に合わずに困った場合には・・・・・

正直、手続きが間に合わずどうしても困る可能性があるのは、
引越し業者の手配と、インターネットの手続きくらいです。


水道ガス電気は、使わない間も料金が発生するだけですし、
郵便物も管理会社にお願いすればまとめて転送してもらえる
はずです。


引越し業者は、とにかく希望日時が空いている業者がないか
片っ端から連絡してみるのも良いと思いますし、1日ずらしたら
空いていたという事もあります。


インターネット回線についても、モバイル回線といった、
工事を必要としない回線を利用してみるのも良いと思います。


モバイル回線はそれこそ携帯で利用するインターネットのように
外からの電波を受信して接続するので、提供エリアにさえ
入っていればどこでも利用する事が出来ます。


申し込みから最短で翌日配達、遅くても1週間以内には
届きますので、固定回線よりはずっと早く用意する事が可能です。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top