ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 自宅の建て替え...仮住まい中のインターネットはどうしよう?|エリア内ならどこでも使えるモバイル回線

自宅の建て替え...仮住まい中のインターネットはどうしよう?|エリア内ならどこでも使えるモバイル回線

■通信速度も安定性も固定回線に引けを取らない?

「両親から実家家屋を相続したけれど、老朽化が激しいので
リフォームをする」という方や「両親との同居の為に
二世帯住宅に建て替えをする」という方が意外と悩まれるのが、
建て替え中の仮住まいでのインターネットです。


今やインターネットは、パソコン・携帯電話・タブレットから
ゲーム機端末にまで利用されており、これらの機器を
所持している人で一日中全くインターネットを使わないという人は
かなり少数だと思います。


もちろん仕事に利用していて、インターネット回線が絶対に必要
という方にとっては切実な問題ですし、仮住まいとはいえ
インターネット環境は出来れば確保したいものです。


しかし固定回線を導入するとなれば、工事などに時間がかかって
しまいますし、短期間の利用だと工事費用といった金銭的負担も
大きくなってきてしまいます。


そこでオススメなのが、モバイル回線です。
モバイル回線と言っても数年前とはかなり状況が変わっており、
エリアも通信速度も安定性も格段にアップしていて、
場合によっては固定回線よりも使いやすくなる事もあります。


■短期間での利用も可能

モバイル回線の利点の一つが「短期間での利用も可能」
という点です。


モバイル回線は、固定回線と違って工事が不要で、
携帯電話のような電波を受信する端末を利用して
インターネット通信を行います。


その為、このモバイル端末をレンタルして、使いたい期間だけ
利用する事も可能です。


通常モバイル端末を契約して利用すると月額4000円程度で
利用出来ますが、レンタルだと日額800円~月額6000円前後
かかってしまう為、若干割高にはなってしまいます。


ただし通常の契約では1年~2年といった契約の縛りが
発生する場合が多いですが、レンタルには契約期間の縛りがなく
違約金が発生する事がない為、利用する期間を考慮して
どちらにするか選ばれるといいと思います。


■建て替え後も面倒な手続きなしでそのまま利用出来る

モバイル回線には他にも利点があります。
前述したように、工事をして設置をする必要がない為、
提供エリア内であればどこでも使う事が出来るのです。


つまり、仮住まいから建て替えた新居に移っても、
簡単な請求書などの住所変更だけで、面倒な手続き一切なく
そのままインターネットが利用出来るという事です。


自宅の固定回線を休止手続きしているだけなので、
建て替え後は不要だと言う方もいらっしゃいますが、
モバイル回線は自宅の固定回線代わり以外にも活用方法が
あります。


それはスマートフォンやタブレット端末などのWi-Fi接続に
使う方法です。


スマートフォンは通常3G回線を利用していますが、
利用者も多い為、混雑しやすくどうしても快適な通信環境とは
言い難いです。


そこでモバイル端末を一緒に持ち歩くようにすれば、
常にWi-Fi接続する事が出来、ストレスのないインターネットが
楽しめますので、継続利用も視野に入れて契約されると
いいかもしれません。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top