ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » インターネットを賃貸マンションで契約する方法を知りたい!|しっかり準備をして快適なインターネット生活を手に入れましょう

インターネットを賃貸マンションで契約する方法を知りたい!|しっかり準備をして快適なインターネット生活を手に入れましょう

■大家さんや管理会社に確認する事

引越しや生活スタイルの変化で、インターネット契約をしなければ
ならない事ってありますよね。


持ち家ならば自分ですべて勝手に手配しても良いですが、
これが賃貸物件となると、また手続きが変わってきます。
今回は、中でも賃貸マンションについて見ていきましょう。


賃貸マンションでインターネット回線を契約して利用したい時には
大家さんや管理会社に確認しなければならない事があります。


①入居(を予定)しているマンションに既に導入されている
回線の有無と種類
②①以外に自分が利用したい回線がある場合、
新たに引き込む事は可能か


この2点は、回線選びやプロバイダ選びの前にまず確認します。


多くの場合、既に導入されている回線があると、
それを使わなければなりません。


ただし導入されている回線がADSLのみとなると、
住民の要望が強ければ光回線など他の回線を引き込んでくれる
可能性はあります。


しかし大家さんや管理会社が許可を出さないまま
勝手に工事してもらう事は出来ないので、まずは確認・相談を
しましょう。


■回線によって開通までにかかる時間が違う

確認が済んで、利用する回線が決まったら、
いよいよ申し込みです。


ただし、インターネット回線は申し込めば申し込んだその日から
使えるというものではありません。


回線によって、電話局などでの局内工事で済むもの、
部屋への引き込み工事が必要なものなど、工事内容にも
違いがある為、利用開始にかかる時間も変わってきます。


【光回線】2週間~1ヶ月程度
【ADSL回線】1週間~2週間程度
【ケーブルテレビ回線】数日~1ヶ月程度
【モバイル回線】1週間程度


3月辺りの最大の引越しシーズンさえ避ければ、上記期間程度で
インターネットが利用出来るようになると思います。


自分のスタイルに合った回線を選ぶのはもちろんですが、
開通までにかかる時間も考えて選んでもいいかもしれません。


■プロバイダ選びで差をつける

「回線が決まってしまえば、プロバイダなんてどこを選んでも
一緒じゃないの?」
と思う人もいるかもしれません。


でも実は、回線はプロバイダ選びが最も重要と言えます。


確かにプロバイダが違うからと言って、繋がりやすさや
開通までにかかる時間が大きく変わるわけではありません。


しかし、プロバイダが違うと、月額料金や特典が
大きく変わってくる可能性があります。


新規契約で特典を付けているプロバイダはたくさんありますが、
その内容はかなり多岐にわたります。


例えば、○万円のキャッシュバック、パソコンやタブレット等の
端末プレゼント、最新ゲーム機のプレゼント、工事費の割引、
月額料金の割引とよく見かけるキャンペーンだけでもこれだけ
たくさんあるのです。


各社この特典で差別化を図ろうと画策していますので、
自分が一番お得だと思うプロバイダを選びたいですね!

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top