ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 転居先の候補にインターネット付きアパートがあるのですが・・・・・|メリットもありますが、不安なら避けた方が無難

転居先の候補にインターネット付きアパートがあるのですが・・・・・|メリットもありますが、不安なら避けた方が無難

■インターネット付きアパートって?

ここ数年で賃貸への転居を考えた事のある人は目にした事が
あるかもしれませんが、最近「インターネット付きアパート」
というものが増えています。


インターネット付きアパートは読んで字のごとく、
最初からインターネット環境が完備されているアパートの事です。


最初から準備されているインターネット回線を利用するかどうかを
選べるところもあれば、家賃や共益費に組み込まれていて、
使おうが使うまいが毎月利用料を引かれていると同義のところも
あります。


少々形態は違いますが、イメージとしては「レオパレス21」の
レオネットシステムを思い浮かべてもらっても
良いかもしれません。


初めて一人暮らしをする人にも簡単に生活環境の必需品に
なりつつあるインターネットを手軽に利用出来るようにして
他のアパートとの差別化を図り、入居の決め手の一つに
してもらおうという狙いで導入している所も多いようです。


■インターネット付きアパートのメリット・デメリット

このインターネット付きアパートには、結構はっきりしとした
メリットとデメリットがあります。


このメリット・デメリットをしっかり把握して、入居してから
後悔する事のないようにしたいですね。


<メリット>
・入居するその日からインターネットが利用出来る。
・通常のインターネット契約で発生する面倒な手続きが不要。
・集合住宅向けを利用している場合が多い為、料金が安い。


<デメリット>
・利用するインターネット回線の選択肢がほとんどない。
・インターネット回線に不満を持っても変更が出来ない。
・使わなくても解約出来ず、ずっと料金を払い続けなければ
ならない可能性がある。
・休日や夜間など回線が集中する時間にラグや回線落ちが
発生しやすい


このデメリットのラグや回線落ちに関しては、通常の契約でも
発生する事はありますが、全戸がすべて同じ回線を使っていると
それだけ集中する可能性が高く、発生しやすくなってしまいます。


良心的な大家さんや管理会社なら回線の補強をしてくれる事も
ありますが、お金もかかる為あまり期待は出来ません。


■不安なら普通のアパートを選んだ方が無難

これらのメリット・デメリットを見て、少しでも不安を
覚えるのなら、普通のアパートを選んだ方が無難です。


何故ならデメリットを解消するには、引っ越すしかない
可能性も考えられるからです。


特にオンラインゲームや、動画の視聴など、常時安定して
インターネットに接続する環境を求めるなら、避けた方が
いいかもしれません。


もちろん実際に使ってみて、どうしても不満に思った場合には
モバイル回線を利用するという手もあります。


モバイル回線は自宅の配線を利用せず、携帯電話のように
外部からの電波を利用して接続する為、その場所が提供エリア内
でさえあれば、誰の許可を得る事なく利用出来ます。


しかし、インターネット付きアパートの中には、
利用しない人からも、家賃や共益費として強制的に料金を
徴収する所もある為、二重に支払わなければならない可能性も
ある事を考えると、避けた方が無難ではないでしょうか?

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top