ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » どんなところ?最近よく聞くインターネット付きマンション|家賃や管理費にインターネット料金が最初から入っているマンションを指す場合が多いです

どんなところ?最近よく聞くインターネット付きマンション|家賃や管理費にインターネット料金が最初から入っているマンションを指す場合が多いです

■インターネット付きマンションとは

皆さんインターネット付きマンションって聞いた事ありますか?
ここ数年で急に増えてきた賃貸形態の一つです。


このインターネット付きマンションと言うと、主に
「家賃や管理費にインターネット料金が最初から入っている
マンション」を指す場合が多いです。


マンションにマンションタイプのインターネット回線が
既に導入されていて、そちらを使う事を推奨するが強制ではない
という場合は「インターネット対応マンション」と呼ばれる事が
多いようです。


ただしこのような呼び分けが徹底されているわけではないので、
事前にどういう意味を指しているのかをきちんと確認しましょう。


こういったインターネット付きマンションが出て来た背景には
入居者の減少があります。


資産運用で賃貸住宅を持つ人が増えているせいで、競争率が上がり
入居者の獲得に苦労する大家さんが多い為、このような工夫を
して、一人でも多く入居してもらおうとしているようです。


■インターネット付きマンションを選ぶ利点と欠点

実際にインターネット付きマンションと聞くと、
「へぇ~今はそんな便利なマンションも出来てるんだなぁ」
という印象を抱く人も多いと思います。


しかしこのインターネット付きマンションは、
ただ便利というだけではなく、他の利点も欠点も存在します。


もし少しでも入居を検討している人がいれば、
是非参考にされて下さいね!


【利点】
・一定の利用者数が確保出来る為、利用料金が通常の
マンションタイプよりも安い事がある。
・標準装備なので、即日開通が可能。
・入居=利用なので、個別の手続きが不要。


【欠点】
・インターネットを利用する前提で入居する為、
不要になったからと解約する事が出来ない。
・インターネットを利用する入居者のほとんどが同じ回線を
使用している為、混雑によるラグや回線落ちが発生しやすい。


利点と欠点を見比べて、自分にとってどちらが優先されるべきかを
しっかり考えて選びましょう!

■選ぶ時に気を付けた方がいい事は?

利点と欠点を参考に選ぶのはもちろんですが、それ以外にも
インターネット付きマンションを検討する際、注意した方が
いい事があります。


それはプロバイダについてです。
インターネット付きマンションの場合、回線だけが設置されている
と思いがちですが、実はプロバイダも指定されている場合が
ほとんどです。


その為、ひいきにしているプロバイダがあっても、
メインプロバイダとしては利用出来なくなってしまいます。


もちろんダイヤルアッププランに加入するなどして、
メールアドレスを継続利用する事は可能です。


また、インターネット付きマンションは任意の個別加入ではなく
マンション全体としての加入なので、キャッシュバックや
プレゼントなどのキャンペーンが適用されません。


この辺りも含めて、本当に自分にとってインターネット付き
マンションへ入居した方がお得なのか、という事もしっかり
考えていきたいですね!

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top