ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 工事不可と言われてしまいました。マンションで光回線が引けない場合どうしたらいいですか?|光程度の回線を利用したいなら

工事不可と言われてしまいました。マンションで光回線が引けない場合どうしたらいいですか?|光程度の回線を利用したいなら

■マンションで光回線が引けない理由

インターネットは基本的に個人で契約する事が多いです。
その為、自分が望めばどんな回線でも引けると思っている人も
多いのですが、中々そう思う通りにはいきません。


中でもマンションだと、その制約はより強くなってしまう傾向が
あります。


では、マンションで光回線が引けない理由とは
一体何なのでしょうか?



①その地域が光回線の提供範囲外
②マンションに光回線が導入されておらず、共有部分までの工事が必要
③建物の構造上、居室までケーブルを引く事が出来ない


この上記3点が理由である可能性が高いです。


②の場合、マンションに穴を開ける等の大がかりな工事が必要な為
イチ入居者の判断でマンション自体に光回線を引き込む事は
出来ません。


賃貸の場合ですと大家さんや管理会社、分譲の場合だと
マンションの自治会の許可が必要となり、基本的にその人たちから
引き込みを依頼してもらう形になります。


①③の場合ですと、自分たちの努力ではどうしようもない為、
現時点では諦めるしかありません。


■ADSLじゃ不安だと言う人も

どんなに古いタイプのマンションでも、インターネット回線が
一切引き込まれていない、もしくは引き込みが出来ないという
可能性は低いと思います。


例えばADSLなら電話線を利用しており、建物にはあまり
傷をつけず引き込める事から、優先的に導入しているマンションは
多いのではないでしょうか。


ただオンラインゲームをプレイしたり、動画の配信・視聴を
したりと、ある程度の通信速度で常時安定したインターネット
環境が欲しい方にとっては、少し厳しいかもしれません。


特にマンションなど多くの人がある部分まで同じ回線を
共用している場合、利用が集中すると一気に回線速度が落ちたり
接続が不安定になったりする可能性があります。


■提供エリア内ならモバイル回線が良いかも

このような場合ですと、いっその事固定回線にこだわらず、
モバイル回線の利用を検討してみるのも良いかもしれません。


モバイル回線は、無線で通信を行う為、持ち運びが可能で、
提供エリア内であればどこでも利用出来るというのが特徴です。


無線で接続するモバイル回線なんて、常時接続には余計に
向かないだろうと思う人もいるでしょうが、下手に回線が集中する
ADSLや光回線よりよっぽど安定性があります。


中でもwimaxというモバイル回線は、他のモバイル回線と違って
特別な周波数帯域で通信を行っているので、非常に混雑しにくく、
それに伴う通信速度の低下や通信の不安定といった症状も
緩和されています。


それに、WIMAXはポケットwifiと違って通信制限(7Gを超えると遅くなる制限)
がありませんので、使い放題です。


softbankやdocomoは3G回線でも利用出来るのがウリですが、
月額料金が6000円前後と高く、メインの4GLTEはスマートフォン
回線と共用している為、wimaxよりも混雑はしやすくなっている
と言えるでしょう。

WIMAXの詳細はこちらに記載していますのでよかったら参考にしてください。

 

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top