ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 入居を予定していたマンションが実は光回線に未対応という事が判明しました|代替回線を検討してみては?

入居を予定していたマンションが実は光回線に未対応という事が判明しました|代替回線を検討してみては?

■今後光回線に対応してもらえる可能性は?

引越しをする際、何を基準に新居を選びますか?
賃貸なら家賃、部屋数、駅までの距離、駐車台数、日当たりなど
生活に密接に関わる点を重視する人が多いと思います。


しかし昨今、インターネット回線も生活必需品に
なりつつありますよね。


その為、どこかで「あって当然」という意識が働き、
よく確認せずに入居を決めてしまい、よくよく聞いてみると
そのマンションは光回線に未対応だったという場合もあります。


ADSLから光回線に一度乗り換えた事のある人は、光回線に
未対応だからまたADSLに戻す、という事に抵抗のある人も
いるでしょう。


そんなマンション、今後光回線に対応してもらえる可能性は
あるのでしょうか?


答えはYesです。
入居前であれば、管理会社や大家さんに「光回線に
対応していないなら入居を考え直したい」という旨を話してみても
いいと思います。


貸主は一部屋でも多く入居してもらっていた方が利益が出る為
要望に応えてくれる可能性は十分にあります。


■入居を再検討すべき?

前述したように、光回線の導入をお願いしても、中には
回線引き込み時の工事によって建物に傷がつき、資産価値が
下がってしまうからと、許可をしてくれない場合もあります。


その場合どうしたらいいのでしょうか?
入居自体を考え直すべきでしょうか?


何らかの理由があってどうしても光回線にこだわっているのなら
入居を再検討する必要があるでしょう。


しかし、数ある物件の中から、インターネット回線に関する
部分を除き、様々な条件が自分に合っていると感じて一度は
入居を決めた物件を、みすみす諦めるのはもったいないような
気もします。


もし、光回線を利用したい理由が「光回線にしかないプロバイダを
利用したい」という他の回線では意味がないというような
理由ではなく、通信速度や安定性にあるのならば、
代替回線の利用検討の価値があります。


■代替回線の検討もオススメ

代替回線の候補1つ目はADSL回線です。
ADSL回線は、光回線よりも遅くて不安定なイメージがありますが
それは、NTT基地局からの線路距離長に左右されやすいが為に
ついてしまっているイメージです。


光回線はADSL回線と比べてほとんど線路距離長の影響を
受けないので、安定していると思われています。


もし入居予定のマンションの線路距離長が短いのなら、
ADSLでも十分伝送損失の影響を受けづらいという事になります。


この数値は建物内の電話番号がわかれば、NTTで調べる事が
出来ますので、まずはその点を確認してみても
いいかもしれません。


代替回線候補2つ目はモバイル回線です。
モバイル回線はADSLよりも更に遅くて不安定のイメージを
持っている人が多そうですが、状況によっては光回線よりも
安定している事もあります。


モバイル回線が本格的に利用され始めたのはここ最近なので、
電波基地局数に対し、利用者数はまだまだ少ないと言えます。


その為、混雑による影響を受けづらく、通信速度の低下や
接続の不安定といった状況に陥りづらいのです。


モバイル回線は提供エリア内に入っている事が利用条件と
なっていますので、是非調べてみて下さいね!

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top