ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » こんな場合は工事できない!光回線の加入を断られる理由|気持ちを切り替えて他の回線を探しましょう!

こんな場合は工事できない!光回線の加入を断られる理由|気持ちを切り替えて他の回線を探しましょう!

■工事対応不可だと加入を断られる

最近では、インターネット回線=光回線という図式が成り立って
しまう程、光回線の普及が著しいですね。


こんな世の中の流れを受けて、当然のようにインターネットを
利用しようと光回線に申し込んだら、工事対応不可だと
加入を断られ、パニックに陥る人もいるようです。


工事対応不可だと断られる場合、理由は2つ考えられます。
1つ目は、建物の構造上、配線が難しい場合。
2つ目は、集合住宅向けの規模だが、まだ建物自体に回線が
導入されていない為、個人での受け付けが出来ない場合です。


通常光回線の引き込みには、外部の配電盤の隙間を借りたり、
エアコンのダクトを利用したりする場合が多いので、
実際に配線が難しいと断られる可能性は低いのですが、
どうしても電線などからの距離があり過ぎて、安全上の観点から
引き込みが出来ないと判断される場合もあるようです。


2つ目の理由をクリアーする為には、その建物を
管理している人へ、導入を要望する必要があります。


集合住宅向けは、まず建物自体への導入がなされてからしか
個人での申し込みが出来ない為、勝手に回線を引いてもらう事は
出来ません。


■工事ができない以外に断られる事もある?

前項で挙げたような理由以外にも、加入を断られる事があります。
それは、提供エリアに入っていない場合です。


この地域はどっかの山奥という訳ではないし、他にもたくさん
住宅があるのにどうして提供エリアに入ってないのかと
憤りを感じる方もいらっしゃるでしょう。


しかし広い日本の国土、下水道もまだ完備されていない
地域もある中、人が住んでいる所すべてに光回線があって然るべき
というのも無茶な話ですよね。


光回線の提供エリアを広げる為には、とても繊細な光ケーブルを
慎重に繋いで伸ばしていく作業が必要となります。


光ケーブルは髪の毛のように細いガラスの線を使用していますので
無理な力をかけるとすぐに折れてしまいます。


その為、ケーブルを簡単に電柱から電柱に張り巡らせて
1日で一気にエリア拡大!というわけにはいかないのです。


■あまり執着せず他の回線を探しましょう!

出来ない事にずっと執着していても、何の解決にもなりません。
それよりも光回線くらい使いやすい回線を探す事に力を使った方が
何倍も有益です。


光回線は何においても優れていると思われがちですが、
他の回線の方が勝っている部分もあります。


それは回線に対する利用者数です。


光回線は急速に成長を遂げましたが、正直利用者数の増加に
回線の補強などの対応が完全に追いついているとは言えません。


その為、利用状況によっては、通信速度が急に低下したり、
接続が突然切れたりと、混雑による不具合が生じる事もあります。


最近では、ADSLやモバイル回線の方が安定していると考え、
光回線から乗り換える人も増えているくらいです。


第一、光回線が謳っている程の通信速度が必要な状況は、
普通に使っていればあまりないですし、そこそこの回線でも
十分なのでは、とも思います。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top