ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 工事できないってどういう事?理由を明らかにして使えるインターネットを契約したい!|考えられる理由はいくつかあります

工事できないってどういう事?理由を明らかにして使えるインターネットを契約したい!|考えられる理由はいくつかあります

■インターネットの工事ができない理由

たまに「新生活あれこれ夢を描きつつ手続きをしていたら、
なんとインターネットの工事が出来ないと言われてしまった」
という話を耳にします。


特にインターネット工事ができないと言われる事が多いのが
光回線です。


光回線は、従来のADSL回線と違い、電話線を利用して
インターネット通信を行うのではなく、光ファイバーと呼ばれる
専用ケーブルを利用してインターネット通信を行います。


光ファイバーは、電話線と比べ伝送損失がかなり出にくく
基地局から離れても通信速度にあまり影響がありませんが、
工事をして室内に引き込みを行う必要があります。


この時、極力建物を傷つけないように行う為、
通常、配電盤やエアコンダクトなどから引き込みを行います。


ただ時折、引き込みに利用出来る隙間がない場合があります。
また、壁に穴を開けたとしても鉄網が張り巡らされていて
壁の中を通す事が出来ない場合もあります。


こうなってくると、回線業者では手に負えず、インターネットの
工事が不可能という結論を出されてしまうのです。


■どうしても特定の回線を利用したい!

「中にはどうしてもこの回線じゃないと困る!」という人も
いますが、よくよく話を聞いてみると、そう思い込んでいるだけ
の場合もあります。


例えば「メールアドレスを今更変更したくない!」という人です。
メールアドレスは、回線が発行しているものではなく、
プロバイダというまた別の機関が発行しているものです。


簡単に言えば、ADSL回線のOCNとNTT光回線のOCN、回線は違えども
同じOCNなので、ADSL回線からNTT光回線に乗り換える場合、
プロバイダ契約を維持すれば、メールアドレスを変更せずに
そのまま利用する事が出来ます。


もし、利用出来る回線の中に、自分の使いたいプロバイダが
なければ、ダイヤルアッププランというものにプラン変更という
形を取る事で、メールアドレスを残す事が出来ます。


月額料金も大体500円以下の場合が多いので、
それほど大きな負担にはならないのではないでしょうか。


■利用方法に特化した回線もある

また、先述のように回線にこだわる理由として
「どの回線も光回線と比べると、通信速度は遅いし、
動画配信やオンラインゲームを楽しむには不満」という点を
挙げる人もいます。


しかし「光回線=動画配信やオンラインゲームには最適」
というのは単なる思い込みでしかありません。


実際に、動画配信を長くやっている人たちに一番最適な回線を
聞くと「モバイル回線のwimax」と答える人が多いです。


何故なら、通常、ある一定の期間、定められた通信量を超えると
通信速度制限というものを敷かれてしまい、通信速度が著しく
低下してしまいます。


そんな中、wimaxは数ある回線の中で唯一、通信量上限を
設けていない為、どれだけ使っても通信速度が低下するという事が
ないのです。


このように調べてみると、光回線よりも利用に適した回線
というものが存在する場合もあります。


「これでなくては!」という先入観を捨て、柔軟に対応を
検討してみて下さい。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top