ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 二世帯住宅のインターネットはどうするのが一番お得?|通信費節約の大チャンスを逃さないようにしましょう!

二世帯住宅のインターネットはどうするのが一番お得?|通信費節約の大チャンスを逃さないようにしましょう!

■電話は1契約で2回線の利用が可能なので安心

結婚を機に、親が弱ってしまったので、などで二世帯住宅に
移り住む人もいると思います。


一言で二世帯住宅と言っても、形態は様々です。
例えば、普通の一軒家をリフォームして、二階にも簡単な
水回りを用意しただけというお宅もありますし、玄関から
完全に別世帯のアパートのような造りのお宅もありますよね。


ただ、水道光熱費や、電話などの通信費のの支払いは
まとめてという場合が多いようです。


では二世帯住宅のインターネットはどうするのが一番お得
なのでしょうか?


料金を安く抑えようと思ったら、光回線を引き、電話回線を
一契約にまとめてしまうのが一番だと思います。


完全に分離している二世帯住宅だと、電話番号の共有は
したくないんだけど・・・・・という方もいますよね。


でも安心してください。
インターネット契約を光回線にすれば、光電話が利用出来ます。
この光電話は1契約でも複数回線利用する事が出来ますので、
親世帯と子世帯の電話番号を分ける事が出来るのです。


■インターネットはルーターを使って通信費節約!

電話回線をまとめてしまう事で、もう一つ心配になるのが
インターネットについてだと思います。


でもこれも心配いりません。
今は「ルーター」というものを使えば、1回線で何台もの
パソコンがインターネットに接続出来るようになるのです。


このルーターは家電量販店でも販売されていますし、
プロバイダでも販売・レンタルしている場合があります。


設定もそう難しくはないですし、プロバイダから手に入れた
ルーターならば、設定がわからなくてもサポートしてもらえる
はずですので、安心して利用する事が出来ます。


光回線なら2~3台同時接続した程度では、大幅に通信速度が
落ちるという心配はあまりありません。


更に今まで2回線分支払っていた電話料金と、
インターネット料金が半分になる上、これを親世帯子世帯で
折半した場合、支払う料金が今までのわずか四分の一程度になると
考えると、二世帯住宅も悪くないなと思えてしまいますね!


■無線LANを使えば配線周りもスッキリ

新築の二世帯住宅を建てて入居するのならば、最初から
インターネット回線を壁内に通せるように工事すれば
いいのですが中古物件やリフォームの場合はそうもいかない事も
ありますよね。


モデムからルーター、ルーターから各パソコンまで配線を
するとなるとかなりごちゃごちゃしてしまい、乱雑に見えてしまう
事を嫌う方もいるでしょう。


でもこの問題も無線LANを使えば解決します。


通常デスクトップパソコンには無線LANの受信機が内蔵されて
いませんが、家電量販店でUSBメモリ程度のサイズの受信機が
安価で売られています。


だいたい3000円程度出せば、そこそこ感度のいいものが
買えるはずです。


こちらを利用すれば、モデムとルーター周りの配線だけで、
各パソコンを有線でつなぐ必要がないので、かなりスッキリした
見た目になると思います。

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top