ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » 社員寮に入居する場合インターネットの契約ってどうしたらいいの?|様々なパターンが考えられるのでまずは確認を!

社員寮に入居する場合インターネットの契約ってどうしたらいいの?|様々なパターンが考えられるのでまずは確認を!

■社員寮のインターネット契約

春になると新生活を始めるという人も多いですよね。
早い人だともう今頃から準備を始めている方もいると思います。

就職を機に一人暮らしをするという話も良く聞きます。
福利厚生のしっかりした会社ですと、社員寮を用意してもらえる
ところもありますよね。

この社員寮に入居する際、インターネットの契約って
どうすればいいのかって考えた事ありますか?

一言に社員寮と言っても、形態はいくつかあるので、
一概に「こうすればいい」とは言い切れません。

一般的な社員寮として考えられるのは下記の2つです。
①社員寮として会社が借りている賃貸物件などに入居する場合
②社員寮として会社が所持している建物に入居する場合

①の場合にはインターネット契約は、個人で行う事が
ほとんどです。

ただしその建物自体が「インターネット付き物件」ならば
家賃に回線使用料も含まれていると思いますので、会社経由で
管理会社に確認をしてもらいましょう。

②の場合には、①のように個人で行うか、既に寮に回線が
用意してあるかどちらも考えられます。

■寮自体への回線の引き込みのみが済んでいる場合

既に寮に回線が用意してある場合でも、いくつかパターンが
あります。

まず、集合住宅向けの回線の引き込みは済んでいるが、
プロバイダ契約などは自分で行わなければならないパターンです。

この場合、回線自体は選べないものの、プロバイダが選べるので
新規契約キャンペーンが適用されます。

キャッシュバックや月額料金の割引といった特典が豊富ですので
自分の気に入ったプロバイダと契約するようにしましょう。

次に、集合住宅向けの回線の引き込みとプロバイダ契約が
既に済んでおり、費用が寮費に組み込まれているパターンです。

この場合、入居=インターネット契約となる為、
何の手続きもなしに入居したその日からインターネットが
利用出来るようになります。

ただし個人契約ではないので、キャンペーンなどの特典は
受け取る事が出来ません。

■光回線でないと遅い?

フレッツ光やjcomなど不動産屋さんや引っ越し屋さんはすすめてきます。
だけど本当に一人暮らしにこのような高速の回線は必要なのでしょうか?

料金との相談になると思いますが、光回線にすると
NTT回線料+プロバイダ料金で
普通に月額5000円以上はかかります。

また工事も時間がかかりますし、
工事日程の調整や立会など手間も多いです。

光以外の回線で工事が不要なものはモバイル回線があります。
無線なので遅いのかというと最近はそうでもありません。

たしかに一昔前は、モバイル回線は遅すぎて動画の視聴など
の用途には向きませんでした。

しかし最近はWIMAXなど、いくら使っても規制がない、
モバイル回線が主流になってきています。

速さも220Mbpsと光並に速くなっています

モバイル回線なら、電話線や光ケーブルを使わない為、
工事の必要が一切なく、誰の許可も必要ないので、
気軽に申し込む事が出来ます。

申込み後到着まで数日で届きます。

利用したい場所が、提供エリア内でさえあれば、どこでも
使えますし、月額料金も4000円前後と負担も少なくて済みます。

また、キャッシュバックが多くて有名なのが下記のサイトなので
参考にしてみてください。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

 


WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top