ホーム » ネット回線の引っ越し・契約 » どこで使える?wimaxが対応している地域を教えて!|頻繁にエリアが拡大しています

どこで使える?wimaxが対応している地域を教えて!|頻繁にエリアが拡大しています

■まずはエリアを確認しましょう

最近私の周りにもモバイル回線を利用する人が増えてきています。
このモバイル回線、持ち運びが出来るので、自宅ではパソコンの
回線として、外出先ではスマートフォンのWi-Fi回線として
利用する事が出来る為、特に若い独身の人たちには大人気です。


まだ固定回線の主流がADSLだった頃のモバイル回線は、
端末代金も高く、通信速度も遅く、すぐに接続が切れるという
出張中の間に合わせ回線としてはまだしも、固定回線代わりに
使えるような代物ではありませんでした。


しかしここ数年で飛躍的進化を遂げ、料金、繋がりやすさ、
安定性が大幅に改善しており、一部の固定回線よりも
使いやすいという人まで出てきています。


このwimaxを使う条件はただ一つ、提供エリア内に入っているか
どうかです。


実際に自分が住んでいる場所や活動範囲が提供エリアに
入っているかは、wimaxの各プロバイダのホームページに
記載されています。


今もどんどん使えるエリアが増えており、早ければ数日で
エリア拡大情報が更新されていますので、今エリアに入っていない
という人も定期的に確認すると良いかもしれません。


■プロバイダによってエリアが異なるという事はない

wimaxには提供されているプロバイダがいくつもあります。
皆さんはどのような基準でプロバイダを選ばれるでしょうか?


結構勘違いされている方もいらっしゃるかと思うのですが、
プロバイダによって、wimaxの提供エリアが異なるという事は
ありません。


あくまでwimaxはwimaxなので、どのプロバイダを選んでも、
繋がりやすさに影響は出ないという事です。


だからと言って、どのプロバイダを選んでも何もかも同じなのか
というとそうではありません。


プロバイダによって、キャッシュバックなどのキャンペーンや
月額料金、契約年数に違いがあるからです。


特に契約年数は出来れば1年契約のプロバイダがいいと思います。
キャッシュバックが高額になると、こっそり契約期間が2年に
設定されていたりするので、しっかり確認してから契約するように
したいですね。


■エリア内でも使う場所によっては繋がりやすさが異なる

提供エリア内でさえあれば、プロバイダが違っても
繋がりやすさには影響しないと書きました。


しかしエリア内でも使う場所によっては繋がりやすさが異なる
場合があります。


wimaxは外部からの電波を利用して、インターネットに
接続しています。


その為、電波の障害となりやすいと言われている、
鉄筋の建物内では、若干繋がりにくくなる可能性があります。


単純に考えると、電波の通り道に鉄筋があると障害に
なりやすいので、少し位置をずらしたり、窓際に設置する
等すれば解消する事も多いです。


以前は地下鉄の駅の構内でも繋がりにくい時期がありましたが、
最近は駅の構内に中継器を設置するなどして、かなり状況は
改善されています。


こういった点も考慮しながら、回線・プロバイダ選びに
役立てて下さいね!

WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが
屋内では電波が届きにくいです。

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーターのほうが安全です。
スマホでネットする速度でWIFIできるルーターだからです。


①主に外で使いたいならWIMAX



都市部に住んでいる人はWIMAXが断然速いですが
自宅中心で使う人は②のLTEタイプの方がいいでしょう。


②外でも家でも使いたいならLTE

マンションの室内、地下鉄、等、
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。



LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。
地下やマンションでもつながらないということはまずないです。










>>固定電話なし契約できる光回線はココがお得


>>オンラインゲームしない人限定のインターネット回線
(オンラインゲームを毎日する、高画質動画をよく視聴する人は見ないでください。)


001.jpg

001.jpg






































関連記事

Return to page top